12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2016-01-26 (Tue)
16012601.jpg

先日ご紹介した水栽培風のヒヤシンスですが…

倒れました!


頭でっかちであることに不安はありましたが(;;)
美しい姿で楽しませてくれた時間は短かいものでした。

何度直しても倒れてしまうので、茎の根本でカットして、花瓶に挿しました。
球根にはもう一本茎が伸びてつぼみも付いているので、
まだもう少し、水栽培風は楽しめそうです。

16012602.jpg

太陽が差し込む方向に延びていくんですよね…
また倒れちゃうかな(;;)
毎日方向転換します。

-----

拍手ありがとうございます。
続きに、拍手コメントのお返事です。

→ ReadMore
スポンサーサイト
| Groovy Girl |
2016-01-21 (Thu)
16012101.jpg

アーバンさんに花を背負ってもらいました。
ヒヤシンスです。

着物とおそろいのピンクで、幸せな気分に♪

16012102_2016012112040005e.jpg

ヒヤシンスは、球根からの水栽培…と見せかけて、
芽出し球根のお手軽栽培です。

芽出し球根とは、ある程度芽の出た状態の球根のこと。
この時期のお花屋さんで、小さなポットに1~3球植わって売られているのをよく見ます。

これの土を落として、水栽培用の容器に移せばOK♪
お手軽に、ヒヤシンスの水栽培を楽しめます。

いつもなんでも教えてくれる馴染みのお花屋さんのおじさんからは、
・水をこまめに変えること。(土と水の環境の違いで微生物がなんたらかんたら…)
・土をなるべくきれいに落とし、根っこを切らないこと。
とアドバイスをもらいました。

水替えは、今のところ切り花と同じ感覚で大丈夫そうです。
土を落とすのは、複数植わった苗でお互いの根っこが絡んでいたりしたら難しいかもしれません。
今回は1球植えだったので、特に苦労はありませんでした。
強いて言えば、水を張ったバケツに半日浸してから水の中で土を取り除いたので、
冷たさで手がしびれた…ということが、苦労と言えば苦労だったでしょうか…。
なんにせよ、球根自体に栄養があるので、花は必ず咲くそうです。

16012102.jpg

アーバンさん、お花を背負うためにかなり背伸びしてました。笑

ポットの中でめいっぱい育っていた根っこは、
水栽培容器の中でもくるんと丸まったまま…ちょっと頭でっかちです。

-----

拍手ありがとうございます♪

| Cozy Cape |
2016-01-19 (Tue)
16011801.jpg

着物に良さそうな生地を見つけたので、早速作りました。
帯、帯締め、帯揚げも♪
モノトーンでまとめて、ピンクを挿し色に。
小物を変えれば、また違った雰囲気も楽しめそうです。

16011803.jpg

崩したアンちゃんの髪型が、どうにもきまらない…
ボサボサ(;;)

16011804.jpg

でもこの表情!
見れば見るほど可愛くなる、不思議な魅力のアンちゃんです♪
↓メガネバージョンも。

16011805.jpg

-----

拍手ありがとうございます。

| Tiny Ann Estelle |
2016-01-14 (Thu)
16011401.jpg

つぼみだったガーデンシクラメンが咲きました♪
花が咲くと、景色が明るくなりますね。

ミニバラ、アジサイ、ギボウシ、オダマキ…
これらは大好きな植物で、ベランダでちんまりと育てています。
が、冬の間はどれも枝のみになったり、地上部が消滅してしまいます。
なので、冬の我が家のベランダは、一見とても寂しいものに…。
お客さんにも、「枯れてるの?」と聞かれます。 安心してください。植えてますよ(^^)

アイビーやコニファー、ハツユキカズラなど、
常に葉を茂らせているものもあるのですが、これらはどれも緑色。
(ハツユキカズラは日に当たると葉の先端がピンク色になる植物ですが、
我が家は日当たりの悪い場所に置いているので、常に緑です><)


このガーデンシクラメンは、貴重な彩りです。

16011402.jpg

元パーキーさんも、輝いて見える気がします♪

殺風景さを見かねた(?)夫が毎年パンジーとビオラを植えるのですが、
今年は花付きが今一つ。これから盛り返すかな?
“花とお人形”、大好きな組み合わせなので、春に写真が撮れたらいいなと思います(*^^*)

-----

拍手ありがとうございます!
続きに、拍手コメントのお返事です。

→ ReadMore
| 元Perky Basics Blonde |
2016-01-07 (Thu)
16010701.jpg

着物を 小物を変えてグルービーさんにも♪

着物の型紙は、いつも通りのDolly*Dollyの24号です。
これも何度か書いていますが、20cmサイズの型紙で
後ろ見頃に1cm、前身頃に1.5cm足しています。

※縫い合わせると前後で長さが違うので、数値が違っています。
soutaはこれで縫い上げていますが、何か間違っていたらすみません。
ちなみに初版を所持していますが、その後修正等があったかは分かりません。


袖丈も0.5cm足していますが、これはなくてもいいかも?
次回はデフォルトに戻してみよう。

16010702.jpg

生地は、とある産業祭でお布団屋さんが出店していたテントのワゴンから。

山のように積まれたハギレの前を通り過ぎようとしたところ、(連れがいたので一応遠慮…)
「どんなのがいい?何か作る?何に使うの?」と、お店のおじさん。
余程欲しそうな顔をしていたのでしょうね(´▽`;)
素直に、お人形の服を作りたいと答えると、おじさんが探してくれました。

「お人形どのくらいの大きさ?着物なんかいいよ!これなんか柄が小さくて~」と、
すごく話のわかるおじさん。何者?!
生地の種類にかかわらず大きさで値段を付けるから、中にはすごくいい生地もあるんだって。
いくつかおじさんが見繕ってくれた中から、この桜柄をチョイスしました。

幅10cmちょっとでしたが、すご~く長くて、ベッツィーサイズならあと2~3着は作れそう♪
これで150円! う~ん、いいお買い物でした(*^-^*)

結局連れ(夫)は、soutaとおじさんが話し始めた時点で長くなると見込んで休憩スペースへ。
専門店の方が淹れてくれた珈琲を優雅に満喫したそうで、双方満足のひと時でした。
目出度し目出度し。笑

-----

拍手ありがとうございます。
続きに、拍手コメントのお返事です♪

→ ReadMore
| Groovy Girl |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。